意識してる?美容と健康のために整えたい腸内環境

日々のお肌の調子や食事のバランスには目が向いても、自分の腸内環境まではなかなか意識しない人が多いのではないでしょうか。

ですが、実は腸内環境を整えることと美容と健康を保つことには、密接な繋がりがあるのです。

ここでは、腸内環境が整うとどんないいことがあるのか、また乱れた時にはどんなことが起こるのかを紹介していきます。

腸内環境が整っているとどうなる?

腸内環境が整っていると、便秘・下痢をしにくくなります。

こういった不調が改善されると、便やおならのきつい臭いがなくなる上、肌荒れや吹き出物などといった肌トラブルも起こりにくくなります。

疲労がたまりにくくなったり、代謝が良くなったりといったメリットもあります。

さらに、腸は間隔や運動を支配する「迷走神経」という脳の神経と密接な繋がりがあります。

そんな腸は、体内で最大の免疫機能、デトックス機能を備えた器官です。

腸内環境が整っていれば、体内の有害な物質(ウイルスや細菌までも)を便として体外に排出することもできます。

腸内環境が整っていれば、自分の健康をある程度コントロールすることができるのです。

腸内環境が整っている状況のメリットを大きくまとめると「便秘や下痢といったトラブルが減り、美容にもいい効果をもたらし、免疫機能も高まる」といったところでしょうか。

腸内環境が乱れているとどうなる?

腸内環境が乱れていると、腸の内部に便が長期間留まっている状態、つまり便秘になりやすくなります。

便が長く腸内に留まると、悪玉菌と呼ばれる悪い菌が増殖します。

悪玉菌が出す有害物質は血管を通って全身に巡り、肩こりや頭痛、身体の冷えなどといった様々な不調を引き起こします。

また、腸内環境が悪くなると、栄養がうまく吸収できなくなります。

すると腸は必要以上に栄養を摂取しようとしてしまい、結果、皮下脂肪や内臓脂肪が付きやすくなります。

皮下脂肪や内臓脂肪による肥満は、見た目だけでなく、健康にも様々な悪影響を及ぼします。

さらに腸内環境の乱れは最悪の場合「大腸がん」を招く場合もあります。

腸内環境の乱れは、これほどまでに健康に様々なデメリットがあります。

健康に過ごすためには、腸内環境をいつもいい環境に整えておくことが必要なのです。

そもそも「腸内環境が整っている」とはどんな状況?

ここまでで、腸内環境を整えることがとても大切だということは分かったと思います。

では「腸内環境が整っている」とはどんな状況のことを指すのでしょう?

まず、人間が健康を保つために重要な役割を果たしているのは「大腸」と呼ばれる器官です。

人間の食べたものは胃や小腸などの消化管を通る過程で消化され、どろどろとした液状になります。

この液状の食べ物が大腸に達すると、大腸はこれから水分を吸収し、残ったものを便として体外に排出します。

こういった大切な役割を果たしている大腸の内部には、たくさんの細菌が生息しています。

これらの細菌は大腸の内壁を覆っており、その様が花畑のようであることから「腸内フローラ」と呼ばれます。

この大腸内部の「腸内フローラ」の状態のことを腸内環境と呼びます。

腸内フローラは「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類で構成されています。

この3種類のバランスが取れている状態を「腸内環境が整っている」といいます。

つまり「腸内環境を整える」とは、腸内にいる細菌のバランスを整えることなのです。

腸内環境を整えるにはどうしたら?

腸内環境を整えるためには、腸内フローラの「善玉菌」の比率を増やすことが重要です。

善玉菌を増やすためには、食物繊維が豊富な食品を積極的に取るようにすると効果的です。

食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と、溶けにくい不水溶性食物繊維の2種類がありますが、この2種類を水溶性2:不水溶性1の割合で摂ることが重要です。

この割合は、水溶性食物繊維を不水溶性食物繊維の2倍摂ることで腸の粘膜を保護することが目的です。

どちらかに偏って摂るのはよくないので、バランスよく摂るようにしましょう。

さらに、善玉菌のエネルギーになるような食品を積極的に取るようにします。

例えば乳酸菌などの善玉菌が含まれている食品や、ヨーグルトや味噌、漬物などの発酵食品などがそれにあたります。

どちらの食品も、日々の食事に取り入れてみましょう。

大腸は栄養を吸収するためだけの器官ではありません。

自分の美容と健康を良い状態に保つために、日々の食事から腸内環境を整えていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク